芸能人

ジョコビッチはなぜ審判にボール当てたのか原因は?わざとなら失格は当然!

ジョコビッチ選手が審判にボール当てた

こんにちはkaznaoです。

 

ノバク・ジョコビッチ選手が失格という

ニュースが飛び込んできました。

 

審判にボールをぶつけたことが

理由のようですが

なぜこんなことをしたのか?

八つ当たりのためにわざとしたのでしょうか?

 

その様子を動画で見て分析してみました。

 

ジョコビッチはなぜ審判にボール当てたのか原因は?わざとなら失格は当然!

ジョコビッチ選手が失格となったのは

テニス全米オープン4回戦で

カレノブスタ選手との第1セットで

サービスゲームを落とした時に起きました。

 

ジョコビッチ選手が持っていた

テニスボールをコート後方に向かって打つと

審判に当たってしまったのです。

 

その当たった場所が

のど付近という事で

審判は苦しみのために

うずくまってしまったのです。

 

その様子が動画で公開されています。

 


ジョコビッチ選手は後方を見ながら

ミートしていました。

 

この動画はスローで流れているので

ボールがどんな勢いで

飛んで行ったのか分かりにくいですが

別角度の編集無しの動画を見ると

結構強烈な打球でした。

 

スポンサーリンク

別角度のミートの瞬間動画

 

ボールが審判に向かって飛ぶ様子を

ジョコビッチ選手は

危ない!

というような顔をしているので

審判を狙って打ったという

わざと

ではないという感じがします。

 

ただジョコビッチ選手ほどの人物が

狙った場所にボールを飛ばせ

打った打球がどこに飛んでいくのか

ということは理解できていると思うんですよね。

 

審判から不利な判定を受けたから

その仕返しにボールをぶつけたという

八つ当たりではないのは間違いないです。

 

サービスゲームを落としたことに

ショックがあったとしても

怒りに任せて八つ当たりをするような

短気な人物ではありません。

 

では

なぜジョコビッチ選手は

ボールを審判に当てたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ジョコビッチがボールを当てた原因は?

ジョコビッチ選手が審判に

ボールを当てたのは事故です。

 

サービスゲームを落とし

悔しいという気持ちから

力が入っていて

ボールの勢いが強くなっていたと思います。

 

審判を狙ったのではなく

後方に打ったボールが

たまたま審判に当たってしまった

不運な事故です。

 

ジョコビッチ選手がボールを打った理由は

単純にボールが要らなくなった

からです。

 

サービスゲームとは

サーブする側の事を言うので

サーブを打つためには

ボールが必要ですよね。

 

でもそのサーブ権を失えば

ボールを持つ必要が無いから

審判にボールを返したところ

運悪く審判に当たってしまった

という事が真相だと思います。

 

決して

八つ当たりから審判を狙ったわけではない

ということです。

 

ですが一流選手のボールは凶器です。

 

審判にボールを返すのであれば

相手が取りやすいボールを

まして

故意、過失関係なく

のどに当てるという行為が

危険と判断され失格になったんでしょう。

 

スポンサーリンク

ジョコビッチはなぜ審判にボール当てたのか原因は?わざとなら失格は当然!のまとめ

ジョコビッチ選手がなぜ審判にボールを当てたのか

その理由について考えました。

 

ジョコビッチ選手の失格

・当ったのは不運な事故

・原因はサーブ権を失いボールが不要になったから

 

世界ランク1位のジョコビッチ選手の活躍を

もっと見たかったですが

まさかの理由で退場になってしまいました。

 

とても残念な結果ですが

内容を見れば失格も仕方ないです。

 

今回の一件を糧にして

今度も活躍をしていってもらいたいですね。