テレビの話題

大阪仰星高校で京大模試1位の天才は【米田肇】なぜエンジニアから三ツ星シェフに?【あいつ今】

米田肇がエンジニアからシェフになった理由説明

こんにちはkaznaoです。

 

2020年4月15日のあいつ今何してる?は

東海大学付属大阪仰星高校の天才が

特集されます。

 

スポーツ強豪校なのに数学が好きで

京大全国模試で1位を獲った人物は

誰なのかを調べてみました。

 

すると名前は米田肇さんという方で

エンジニアから

三ツ星レストランのシェフになった

一風変わった経歴をお持ちの方です。

 

なぜこんな人生を送ることになったのか

まとめてみました。

 

大阪仰星高校で京大模試1位の天才は誰?

東海大学付属

おおさかぎょうせい高校が輩出した有名人には

ラグビー、サッカー、野球、バレー

とスポーツに関する人物が多いです。

 

偏差値も63とハイレベルで

秀才の学校というイメージです。

 

いぬ
いぬ
文武両道の凄い学校だワン

 

関関同立や有名国公立に進学していて

仰星高校のレベルの高さもここからわかります。

 

こんな凄い学校なので

天才が集まるのはあまり違和感がありませんが

京大全国模試で1位を獲る人物となると

また話は変わってきますよね?

 

京大全国模試って?

京都大学の入試試験と同じ時間配分

同じレベルの問題を解く模試のことで

進学塾が実施しています。

京大模試は駿台、河合塾等の大手予備校で実施

 

京都大学に進学しようとする人が

自分の学力の立ち位置を確認するために

受験するので天才が集まるわけです。

 

そんな中で数学1位を獲った人物が

米田肇さんという方です。

 

一体どんな人物なのか

プロフィールをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

米田肇はエンジニアから三ツ星シェフに

米田肇さんはNOK株式会社と言う

ある電子部品製品の国内シェアが90%もある

大企業に就職していました。

 

エンジニアとして働いていたのに

なぜ料理人と言う人生を選んだのか?

とても気になりますよね。

 

調べてみると

料理人になるまでは

まともに料理をしたことがない

と言うから余計に驚きです。

 

そんな米田肇さんのプロフィールがこちらです。

 

米田肇が正面を向き語る

出典:https://project.nikkeibp.co.jp/campanella/

 

氏名:米田肇(よねだはじめ)

生年月日:1972年10月3日

年齢:47歳(2020年4月現在)

職業:料理人

勤務先:HAJIMEのオーナーシェフ

 

東海大学付属大阪仰星高校から

近畿大学理工学部電子工学科に進学し

卒業後はNOK株式会社に就職。

NOK㈱は自動車部品や産業機器のオイルシール、電子機器部品等を開発、製造する会社

 

2年間勤務したのち

エコール辻大阪に料理人になるために入学

卒業後はフランスで料理修行。

 

帰国後はウィンザーホテル洞爺で

シェフとして働き

2008年5月に自身のレストランをオープン。

 

自身のレストランでミシュランの3つ星

獲得することが出来たのですが

なぜエンジニアから料理人という畑違いで

働こうと思ったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

エンジニアから料理人になったわけは?

米田肇さんは小さいころから

料理人になりたいとう夢を持っていましたが

お父さんに進路を相談すると

理路整然と説得され

工学の道を歩むことになったのだそうです。

自分の気持ちを我慢し、望まない人生を歩む

説得されたとはいえ

望まない人生で成果を出すあたりは

天才なんだなぁと思います。

 

その天才由来は

やり始めたらとことんやる

という性格のお陰で

この結果を得られたのです。

 

とことんやる性格の米田肇さんは

エンジニアとして働いていた時に

自分が描いていた理想のエンジニアと

現実のエンジニアとのギャップに

思い悩むことが増えていった一方で

料理人になりたいという気持ちが

大きくなっていったんですね。

 

理想のエンジニア:清潔なハイテク研究室

現実のエンジニア:空気が悪い汚い工場

 

料理人になるには

料理学校に行かなければならない

⇒学費が必要

⇒サラリーマン時代の2年間で600万貯金

 

このお金を基に

料理人の人生を歩んでいったのです。

エンジニアの現実を知ったことがキッカケで料理人の道に

スポンサーリンク

4月15日のあいつ今何してる?

大畑大介や上原浩治など、数多のプロ選手を輩出する大阪の超スポーツ強豪校・東海大学付属大阪仰星高校。そんな中スポーツではなく数学に没頭し“京大全国模試で数学1位”を取った超天才が…周囲の反対を押し切り、大企業から衝撃転身!世界最速で“ある偉業”を成し遂げ、日本が誇る(秘)仕事人に!ドラマさながら!?奇跡の人生を歩んだ天才の物語とは?

出典:YAHOO!JAPANテレビ

 

今回の物語は

自分の夢以上のものは

年を重ねても諦めきれるものではなかった

というものです。

 

一見畑違いの仕事に就いたかと思いきや

これまでに培ってきた経験が

生かしたことで達成できた偉業です。

 

一般的な感覚でいけば

あり得ない話ですが

説明を受ければ

なるほどと納得できる内容です。

 

大阪仰星高校で京大模試1位の天才は【米田肇】エンジニアから三ツ星シェフに【あいつ今】のまとめ

今回は米田肇さんについてまとめてみました。

大阪仰星高校の天才は米田肇

・大阪仰星高校の天才は米田肇

・天才は京大全国模試で数学1位を獲得

・NOKのエンジニアからレストランのシェフに

・転職理由はエンジニアの現実を知ったことと夢を捨てきれなかったこと

 

もしエンジニアの現実に魅力を感じていれば

シェフの道に進むことはなかったんでしょうね。

 

米田肇さんにとっての

人生の転機はエンジニアが

想像していたよりも悪かったことです。

 

嫌な職場にしがみつくのか

夢に向かって歩き出すのか

判断は難しいですが

後悔のない人生を歩みたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。