テレビの話題

久住有生が淡路島のケーキ屋がキッカケで左官職人?壁の作品が凄い【サワコの朝】

久住有生の左官とケーキの関係の説明

こんにちはkaznaoです。

 

2020年4月18日のサワコの朝

久住有生(くすみなおき)さんが出演です。

 

過去を調べると淡路島ケーキ屋で

バイトをしたことがキッカケ

左官職人の道を歩んだそうですが

いったいどういうこと?

 

その後は勤務したケーキ屋のお店を

仕上げたそうなのですが

その壁の作品が凄いんです!

 

久住有生さん、左官職人、ケーキ

この関係について調べてみました。

 

久住有生が淡路島のケーキ屋がキッカケで左官職人?壁の作品が凄い

久住有生さんとは一体どんな人物なのか

まずはプロフィールをまとめてみました。

サワコの朝で久住有生が語る様子

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

氏名:久住有生(くすみなおき)

生年月日:1972年3月8日

年齢:48歳(2020年4月現在)

出身地:兵庫県淡路市

趣味:サーフィン

 

父親の教育が原因で左官嫌いに

現在は一流の左官職人として活躍していますが

小学生、中学生と学生時代は

左官職人が嫌いだったんですね。

 

その理由は

父親が久住有生さんを左官職人にするために

毎日のお手伝いと称する左官の訓練と

夏休みなどの長期休みは

現場の仕事をさせられていたからなんです。

 

いぬ
いぬ
遊びたい時にこれじゃ嫌いになるワン

 

こんな環境なので

誕生日プレゼントはおもちゃではなく

左官職人の命である「コテ」だったんです。

 

嬉しくないですよね~

プレゼントって相手が喜ぶものをあげるのに

コテって完全にお父さんの自己満足です。

 

幼少期からこんな生活だったので

将来の夢は左官職人ではなく

ケーキ屋になりたいと思うようになったんです。

 

スポンサーリンク

ケーキ屋になりたいと思った理由は?

久住有生さんは中学生になったころから

バイトをしていたようなんです。

 

中学生でバイト?

厳しいお父さんがよく許したね!

という気になる部分は置いてください。

 

ケーキ屋のバイトは高校時代にしていて

仲のいい同級生3人組と

一緒にやっていたのですが

左官職人の父の教育により

手先が器用になっていたので

ケーキに生クリームを塗るのが

ダントツにうまかったのです。

土壁を塗ることと生クリームを塗ることに共通点

久住有生さんにしてみれば

塗る物が土からクリームに変わっただけで

特に難しく感じることが無かったそうです。

 

自分の能力が生かせる仕事を見つけたので

ケーキ屋での仕事がとても楽しくなり

店主からもケーキ屋の道を勧められたことで

久住有生さんはケーキ職人になろうと

考えたのです。

 

久住有生さんをケーキ職人に勧めたのは

誰なんでしょうか?

 

久住有生さんが働いていたケーキ屋が

どこなのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

淡路島のどこのケーキ屋?

淡路島のたかたのケーキ外観

出典:http://seoshop.see.ne.jp/

 

店名:淡路たかたのケーキ

住所:兵庫県淡路市志筑3266-1

電話:0799-62-4144

こちらのお店でバイトをしていたようです。

 

ケーキを作るための

材料の軽量、調合といった経験が

実は左官職人としての必要な知識として

現在生かされていると語っていました。

 

左官職人としての作品は?

久住有生さんがバイトをしていた

淡路市のたかたのケーキは

久住有生さんが左官職人となってから

壁を仕上げているんです。

 

久住有生が仕上げた店内の壁

出典:https://www.skueta.com/

 

ケーキ屋の店主も

バイトをしていた人物(久住有生さん)が

こんなすごい技術を持つ人になるなんて

予想をしていなかったでしょうね。

 

スポンサーリンク

左官職人になるのを決意したのは?

高校3年生の進路を決めるときに

ケーキ職人なりたいと宣言したら

久住有生さんは父親から20万円を渡され

世界を見てこい!

という事でヨーロッパ旅をしたそうです。

 

そこで見た

スペインのアントニ・ガウディの

サグラダファミリア

ドイツのケルン大聖堂を見て

左官の仕事の素晴らしさを知りましたが

それでもケーキ職人になりたいという

夢は捨てれませんでした。

 

その事を父親に言って返ってきた返事が

 

ケーキは食べたらなくなるけれども

左官の仕事は死んでも残る

 

この一言で

久住有生さんは左官の仕事に対して

ガラッとイメージを変えて

左官職人になることを決意したのです。

 

その当時のことを

次のように語っていました。

 

そうか、左官は残るのか

たしかに、百年前の人の作ったものを見て感動しているのだから

 

けど食べ物も作ったものは残らないけど

レシピが残るので

何十年、100年後もその料理が残ることは

その時の久住有生さんは

気付けなかったみたいですね。

 

スポンサーリンク

4月18日のサワコの朝

左官職人/久住有生▽土壁をアートにー物心ついた頃から土を練った物が桶にあった『左官一家のスパルタ教育』とは!?人生の全てを“壁”に捧ぐカリスマ久住有生さんの職人魂

出典:YAHOO!JAPANテレビ

左官職人と聞いて何を思い描きますか?

 

建物の漆喰を塗る

これを思い描くのが大半だと思いますが

久住有生さんの左官職人としての作品は

芸術作品です。

 

けど子供のころの夢はケーキ屋になること。

 

それが父のある一言で

左官職人の道に・・。

 

一体何を言われたのでしょうか?

 

久住有生が淡路島のケーキ屋がキッカケで左官職人?壁の作品が凄い【サワコの朝】のまとめ

今回は久住有生さんが左官職人となるきっかけについて

まとめてみました。

左官とケーキ屋の関係

・幼少期は左官の仕事が大嫌い

・身についていた左官の技術がケーキ屋で発揮

・学生の時の夢はケーキ職人

・海外旅行で左官の仕事に興味を持つ

 

ケーキ職人から海外の左官の仕事を見たことで

左官職人になろうと思ったわけです。

 

お父さんにしてみれば

自分の教育が間違っていなかったと

感じれた瞬間ですよね。

 

もしケーキ職人になっていたら

世界一流の左官職人になれていなかったので

人生って不思議だなぁと思います。