アンビリバボー

七日間の詩が泣ける!夫婦愛の理想像で幸せとはこうありたい【アンビリバボー】

宮本夫婦の旅行先での写真

こんにちはkaznaoです。

 

2020年7月2日の奇跡体験アンビリバボー

妻が願った最期の7日間が放送されます。

 

2018年に朝日新聞に投稿された

基になっているのですが

これがとても泣ける内容でした。

 

夫婦愛の理想の形で

結婚するのならばこんな家庭を築きたい

幸せとはこうありたい

そう思ってしまう内容でした。

 

思わず泣いてしまった

妻が願った最期の七日間について

まとめてみました。

 

七日間の詩が泣ける!夫婦愛の理想像で幸せとはこうありたい

7日間の詩とは

ある夫婦の妻が生前最期にやっておきたい願い

1週間分書き留められた詩の事です。

 

この詩を書いたのは

宮本容子さん(享年70歳)

そしてこの詩を投稿したのが

ご主人の宮本英司さんです。

 

妻の容子さんに末期の小腸ガンが見つかったのは

2015年の夏。

 

余命2年の宣告。

 

奇跡でも起きない限り

回復を望めないような状態だったそうです。

 

宮本夫婦は大学時代に相思相愛で

恋人になり

社会人で結婚し子供に恵まれました。

 

子育てもひと段落し

夫婦でのんびり老後を楽しんでいた

矢先の出来事でした。

 

七日間の詩とは

妻の宮本容子さんが病床で

夫に残したものです。

 

スポンサーリンク

7日間の詩の全文

一日目

台所に立って料理をいっぱい作りたい

あなたが好きな餃子や肉味噌

カレーもシチューも冷凍しておくわ

 

二日目

趣味の手作り

作りかけの手織りのマフラー

ミシンも踏んでバッグやポーチ

心残りがないほどいっぱい作る

 

三日目

お片付け

私の好きな古布や紅絹

どれも思いが詰まったものだけど

どなたか貰ってくださいね

 

四日目

愛犬連れてあなたとドライブに行こう

少し寒いけど箱根がいいかな

思い出の公園手つなぎ歩く

 

五日目

子供や孫の一年分の誕生会

ケーキもちゃんと11個買って

プレゼントも用意しておくわ

 

六日目

友達集まって憧れの女子会しましょ

お酒も少し飲みましょか

そしてカラオケで十八番を歌うの

 

七日目

あなたと二人きり静かに部屋で過ごしましょ

大塚博堂のCDかけて

ふたりの長いお話しましょう

 

神様お願い

七日間が終わったら私はあなたに手を執られながら

静かに静かに時の来るのを待つわ

静かに静かに時の来るのを待つわ

 

そしてこの詩を朗読したものが

こちらの動画です。

 

優しい声で詠っているので

こちらも涙が出そうになります。

 

宮本夫婦の結婚式写真
アンビリバボー【日記】が話題で内容は?七日間の詩の夫婦愛がヤバイアンビリバボーで公開されたある夫婦の日記がきになったのでまとめてみました。妻の願った最期の7日間の詩で話題になった宮本夫婦の話です。妻の日記が心打たれたので紹介したいと思います。...


スポンサーリンク

宮本夫婦の愛の深さに泣けた

大学時代から付き合ってなので

宮本夫婦は50年余り一緒だったそうです。

 

1人で生きてきた時間よりも

夫婦として生きてきた時間の方が長くて

長年連れ添った相手を失う悲しみは

身体が引き裂かれるほどのモノだったのでしょう。

 

最期の七日間の詩からは分かりませんが

たくさんのケンカや困難な状況になったことも

あったと思いますが

それらをすべて乗り越えたことで

妻の容子さんの最期の七日間の詩が

生まれたんだと思います。

 

この詩を見ればいかに

宮本夫婦の愛情が深かったのかが

よく伝わってきます。

 

この詩が公開されて大反響となり

書籍も出版されています。



スポンサーリンク

泣けるポイントは?

夫の英司さんは妻の容子さんを

「キミ」

と呼ぶ

ちょっとぶっきらぼうのある男性です。

 

料理が出来ない人なのかもしれません。

 

1日目の料理を作って冷凍しておくわ

というこの言葉に涙しました。

 

死を目前にしても

残される夫が困らないように

大好きな食べ物を用意しておくなんて

優しすぎます。

 

最期の七日間の願いも全てが

独りよがりの内容じゃないんですよね。

 

あれがしたいこれがしたいと

書かれてはいますが

残された時間を一緒に楽しみましょう

なんですよね。

 

そして

この最後の七日間を無事に過ごせた時には

夫に手を執られながら

お迎えが来るのを待つわ・・と。

 

宮本容子さんは国語教員をされていたこともあって

文章がとてもよくまとまっていて

優しさが伝わってくるんですよね。

 

読むだけで

その情景が目に浮かびます。

 

もし私がこの手紙を見せられたら

妻との永遠の別れを受け止めれるかな?

 

子供みたいに

駄々をこねてしまいそうです。

 

この最後の詩から

奥さまの人柄の良さが伝わりますし

そんな人が愛したご主人も

立派な人なんだろうなと思います。

 

宮本容子さんが亡くなられてから

2年の時が経ちますが

宮本英司さんの現在はどうされているんでしょうね。

 

世界仰天ニュースで感動した!

大きく話題になった記事

富久信介のラブレターに感動!20年越しの手紙の内容に心打たれた!20年前の女子高生時代に痴漢から守ってくれた富久伸介さんにラブレターを出した話が感動!けど本人は地下鉄日比谷線脱線事故で亡くなっていた・・。20年の時を超えて伝えた想いに感動したポイントまとめ...

 

7月2日の奇跡体験アンビリバボー

がんを患った妻が病床で願った最期の7日間、それは愛した夫との何気ない日常だった。死後、夫も知らなかった日記が見つかり、妻の本当の「想い」が明らかに…!

出典:YAHOO!JAPANテレビ

スポンサーリンク

七日間の詩が泣ける!夫婦愛の理想像で幸せとはこうありたい【アンビリバボー】のまとめ

今回は亡くなった妻が残した

最期の7日間の詩についてまとめてみました。

 

一般的には男性よりも女性の方が

長生きと言われていますが

宮本家では奥様が先に逝かれました。

 

その詩には

最後まで人生を楽しみたい

最愛の人と過ごしたい

そういった想いが詰まっていました。

 

夫婦とはこうあるべきだよな。

 

人生の最期を迎えるときには

こうやって穏やかに過ごせたらいいな

そう過ごせるために

家族を大事に生きていきたいと思います。

 

宮本夫婦の結婚式写真
アンビリバボー【日記】が話題で内容は?七日間の詩の夫婦愛がヤバイアンビリバボーで公開されたある夫婦の日記がきになったのでまとめてみました。妻の願った最期の7日間の詩で話題になった宮本夫婦の話です。妻の日記が心打たれたので紹介したいと思います。...

 

感動した他のおすすめ記事

富久信介のラブレターに感動!20年越しの手紙の内容に心打たれた!20年前の女子高生時代に痴漢から守ってくれた富久伸介さんにラブレターを出した話が感動!けど本人は地下鉄日比谷線脱線事故で亡くなっていた・・。20年の時を超えて伝えた想いに感動したポイントまとめ...
ルイスマルキーのバスケ部の奇跡に感動!動画で名言と泣けるポイントは?【アンビリバボー】サマーヴィル高校のバスケ部の奇跡の逆転に感動しました。なぜ感動したのか泣けるポイントはどこにあるのかルイスマルキーコーチの名言を含めてまとめてみました。...
吉幾三と佐賀千紘が海を背景にしたツーショット
吉幾三とエチオピア・佐賀千紘の感動の物語!美人のその後や結婚は?【こんなところに日本人】こんにちはkaznaoです。 2020年4月21日に放送される 世界の村で発見!こんなところに日本人 の最終回...

https://www.kaznao.com/hanakoootakennsaku-thenonfx-872