テレビの話題

ウィキペディアンがなんj民からうざいの理由は?なぜ収入ゼロのボランティアに?

こんにちはkaznaoです。

 

今回はWikipediaの記事を作成・編集する

ウィキペディアンについて

紹介したいと思います。

 

無償で活動するウィキペディアンによって

支えられているので

尊敬に値する人たちですが

なぜかなんj民から

うざい!気持ち悪い!

と言われています。

 

素晴らしい人たちが

批判される理由は何なのでしょうか?

 

また

ボランティアで活動するということは

本業の仕事の収入

かなり良くないとダメなわけですが

どんな人たちがいるのかも

調べてみました。

 

ウィキペディアンがなんj民から嫌われる理由は?

インターネットで調べ物をする人なら

一日に1回は見るであろう

ウィキペディアですが

これはウィキペディアンという

ボランティアの人たちによって

支えられています。

 

気になることがあった時に

wikiを読むことで

知りたいと思っていた情報以上の

情報を知ることができるので

とても重宝しています。

 

その情報の元となった出典情報を見ると

よくこれだけの書籍から

関係する情報を探してきたなぁ~

といつも感心しています。

 

仮に出典情報がなければ

記載されている情報についての

信ぴょう性が一気に下がります

 

きちんとした裏付けがあるからこそ

Wikipediaが信用され

長く愛用されてきたということです。

 

Wikipediaが誕生したのは

2001年1月で英語版のみです。

 

日本語版が登場したのは

2001年5月ごろでしたが

世間の認知度は低く

コンテンツも少なかったですが

2020年3月には日本語版だけで

870万件以上も掲載されていて

一般人が利用する辞書としては

日本一の規模です。

 

Wikipediaに記載される内容は

誰でも編集することができますが

先にも言いましたが

出典元の情報を明かし

信頼ある内容しなければいけません。

 

ただ、事実であれば

何を書いてもいいわけではないです。

 

これがなんj民から嫌われる理由なのです。

 

スポンサーリンク

なんj民から嫌われる理由

そもそもに「なんj」って何?

って思う人がいるかもしれませんね。

 

まずは言葉の意味を紹介したいと思います。

2ちゃんねるで生まれたネットスラングの一つ

 

かつて存在した掲示板の2チャンネルに

なんでも実況 J

という野球に関する実況が多い掲示板で

誕生した言葉で

略して「なんj」と呼ばれています。

 

なんjを利用する人をなんj民と言って

掲示板にたくさん書き込んだり

掲示板を趣味の場として

利用する人たちのことです。

 

そんななんj民から

うざい!だの

気持ち悪い

と言われています。

 

なんj民はユーモアのある人が多いので

Wikipediaに面白い内容を書くんですけど

例え事実であっても消されてしまいます。

 

せっかく書いたのになんで!?

と面白くないわけです。

 

その一例がこちらになります。

 

スポンサーリンク

なんjがブーイングが起きた実際の例

Wikipediaに記載されている

ある単語に3文字を加筆したんですけど

ウィキペディアンによって

あっという間に修正されたのです。

 

編集したという内容がこちらです。

 


私的には事実だし

日本に住む人なら必ず見たことあるし

なんj民に編集されたままで

いて欲しかったんですけどね。

 

青雲になぜ「それは」をつけたのか?

 

根拠はCMです。

一度聞くと頭に残るフレーズ。

 

ここで使われていたのが

青雲~それは~

というフレーズだったのです。

 

この編集はかなりウケてましたw

 

声出してワロタw
素晴らしいです!

 

ですが

この編集を見つけたウィキペディアンによって

すぐに書き直されました。

 

編集を担当するウィキペディアンたちは

怒り心頭

次のようなツイートがなされています。

 

 

なんjというユーモアのある人たちと

Wikipediaには正しい情報

まじめな内容にしたいウィキペディアンとは

真逆の立場なので

この先も分かりあうことはないでしょうね。

 

スポンサーリンク

収入ゼロのウィキペディアンになぜなった?

Wikipediaは広告週に頼らず

寄付金によって運営されています。

 

広告を出せばかなりのお金を

得ることができますけど

その代わりに失うのが公平性です。

 

広告主に対して忖度することになり

Wikipediaの記事の内容が偏る可能性があるので

運営を寄付に頼ってるんです。

 

テレビが広告主に忖度して

不都合なことを放送していないのは

皆さん知ってますね。

 

あの理屈です。

 

Wikipediaが利益を追求しないので

ウィキペディアンに

支払われるお金がないというわけなんです。

 

いわゆるボランティアですけど

ボランティアにしては

個々の負担がかなり大きいと思うんですよね。

 

図書館に行って文献を調べるだけならいいですが

現地に行って取材が必要となっても

それにかかわる経費はWikipediaではなく

個人の負担になります。

 

時間とお金をかけてまで

ナゼそこまでやるの?

と正直思います。

 

その答えは

マツコの知らない世界に出演した

ウィキペディアンが答えてました。

 


ウィキペディアンが無償で頑張るのは

趣味

なんだそうです。

 

あ~なるほど、納得。

 

確かに趣味であれば

お金と時間をかけることに関して

違和感を感じないですよね。

 

好きなものに何十万とお金をかける人がいても

不思議はないですもんね。

 

あとは自己満足のところが大きいと思っています。

 

自分の書いた記事が

大勢の人に見てもらえるとう快感と

承認欲求が満たされる

この二つが

ウィキペディアンの頑張りを支える

理由なんだと思います。

 

スポンサーリンク

ウィキペディアンがなんj民からうざいの理由は?なぜ収入ゼロのボランティアに?のまとめ

Wikipediaを編集する偉大な存在の

ウィキペディアンについてまとめました。

 

ウィキペディアンとは?

・命を懸けて編集するのでおふざけに厳しい

・趣味だから作業に負担を感じない

 

Wikipediaってわからないことを調べるのに

とっても便利なんですよね。

 

無くなるととっても困るサービスの一つです。

 

困るので

私がWikipediaに対して出来るのは

寄付することだけです。

 

ウィキペディアンのいい仕事に

これからも期待します。