役立ち情報

薪ストーブで餅を上手に焼く方法と時間は?焼き網を使わなくても大丈夫

餅が焼けて膨らむ様子

こんにちはkaznaoです。

 

薪ストーブを持っている人ならば

お正月の定番食品の

焼いて食べようと考える人がいると思います。

 

私が実践して上手に焼けた方法を

まとめてみたので紹介したいと思います。

 

ネットで調べると焼き網を使っている人がいますが

私は使わずにやってみました。

 

薪ストーブで餅を上手に焼く方法は?

薪ストーブって快適ですよね。

 

我が家では

ネスターマーチン S43 B-TOP

を使用しています。

 

薪ストーブを使用している様子

この機種は天板で料理が出来る薪ストーブで

家を温めつつ料理が出来るという

1台2役の優れものです。

 

今回はこの天板を使って

お正月によく食べる餅を焼いてみました。

 

天板に餅を直置きしてしまうと

引っ付いた後の処理が大変なので

アイテムを使用するのが一番なわけです。

 

私が使用したのはクッキングシートです。

 

焼き網を使用する人もいますが

我が家には焼き網は存在しないんです。

 

だからといって

餅のために焼き網を買うのは

もったいないので

家にある物で代用できないか考えると

クッキングシートなら大丈夫じゃない?

と考えたわけです。

 

クッキングシートで問題はない?

薪ストーブユーザーであれば

薪ストーブ本体の温度を測る温度計を

持っていると思います。

 

薪ストーブの天板の温度が

200~300度の範囲内になるように

温度を調整しながら

薪を燃やしていると思います。

 

300度近い温度で使用する人はわずかで

大体の人は200~250度になるように

温度を調整していると思います。

 

クッキングシートが200~250度に

耐えれるのであれば

試用しても問題はないです。

 

そこで我が家で使用している

クッキングシートをチェックしてみました。

 

<div class=”concept-box5″><p>

メーカー:旭化成

サイズ:幅 25cm × 長さ 5m

耐熱温度:250度

耐久時間:20分

</p></div>

 

我が家で使用しているクッキングシートなら

250度で20分までなら使えました。

 

スポンサーリンク

実際に餅を焼いてみた結果は?

餅はスーパーでよく見かける

スリットの入った切り餅ではなく

杵つき餅です。

 

この餅を薪ストーブで焼きました。

 

薪ストーブで餅を焼く様子

炉内は薪がガンガン燃えている状態ではなく

熾火状態です。

 

この時の薪ストーブ本体の温度は

200度超えです。

 

薪ストーブの温度と焼き餅

200度超えた天板に餅を並べること

約20分で焼き餅が完成です。

 

餅を焼いている20分の間に

1,2回上下を入れ替えるだけで

あとは放置すると

イラストのような餅ではないですが

表面に焼目が付いたお餅が完成です。

 

薪ストーブで餅を上手に焼く方法と時間は?焼き網を使わなくても大丈夫のまとめ

薪ストーブで焼き餅を上手に作る方法を

まとめました。

 

薪ストーブで焼き餅

・クッキングシートを使って焼く

・焼き時間は20分間で1,2回上下を返す

 

オーブンレンジで焼き餅出来ますけど

どっちが美味しいかといわれると

薪ストーブですね。

 

薪ストーブをお持ちの方は是非一度

薪ストーブで焼き餅を楽しんでください。